放送業界のお話と落研と私的な思い出(瞳尻・黒舟)

放送関係。業界のエピソードと近所の出来事

バカ田大学の…。

 私はバカ田大学の学生証を持っている。あの「天才バカボン!」のパパが首席で卒業した名門校だ。

 アニメの中に登場する校歌の曲は早稲田と同じ。歌詞が♪都の西北~早稲田~の隣~!バカ田~バカ田~バカ田~バカ田~バカ田~バカ田~、バカ田~!となる。

 

 私はバカ大の校歌で本家・早稲田の校歌を憶えた世代だ。バカ大はお笑い好きの憧れの大学だった。

 

 数年前。ラジオを聞いていると「ネツトでバカ田大学の試験を受けられるサイトがある」と言う。

 私はすぐに、パソコンで「受験」を試みた。そして、合格したのだ!

 

 その時の学生証はスケジュール帳に入れて持ち歩いている。私は生涯バカをまっとうしたいのだ。これでいいのだ!

 

 その学生証がこれである。

f:id:bakodayo-basu3:20211020201529j:plain

私の宝物である。このサイトは今もあるのだろうか?不明!

 

 バカ田大学に追いつけ!追い越せ!と思っていた頃のドキュメント・エッセイ!学生総バカボンの青春なのだ!

              ↓

宣伝。ネット書籍「嗚呼!青春の大根梁山泊東海大学・僕と落研の物語~」上・中・下

 

「嗚放送にはの大根梁山泊~放送業界編~」も出てます。

 

直木賞には程遠い、青春エッセイを皆様に…

安いです。上→200円。中→300円。下→300円。

「放送業界編」800円(高そうに見えますが、上中下に分けていないので、枚数と値段は同等です)

「青春落語バカの楽しいエピソード」有名劇団の主催者や脚本家、演出家絶賛!

社会人落語の大御所・若木家元翁(元治ー)さん(国学院OB)も読んだかどうかは分からない名作エッセイ!

      ↓ 

  https://note.com/bakodayo1874basu