放送業界のお話と落研と私的な思い出(瞳尻・黒舟)

放送関係。業界のエピソードと近所の出来事

素人が気づいたカノン進行!

 春風亭一之輔のラジオ「サンデーフリッカーズ」(JFN)のゲストに、マキタスポーツさんが来た時。ヒット曲には「カノン進行」が使われているものが多いと語っていた。マキタさんは実際に演奏して酷似を実証してくれた。

 

 「カノン進行」とは、クラシックのカノンの進行で、C、G、Am、Em、F、C、F、G、が基本だ。

 

 私は思ったのだが…。大好きな吉田拓郎さんの曲「加川良の手紙」がなんとなく似ている。そこで、コードを見ると…。C、Em、F、C、F、Am、D7、あれれ!使うコードは似ているが違っていた。

 素人の耳は、その程度である。同系統のコードだと同じに聞こえる様だ。昔、初めてブルーハーツを見た時、「ロックの吉田拓郎だ!」と思った私だから仕方がない。この時も、使っているコードが似ているだけだった。

 

 そこで、文明の利器。ネットを使用して「ヤホー!」で調べてみた。

 

 すると…。何と!あいみょん師匠の「マリーゴールド」のAメロがカノン進行とある。Aメロって何だ?(ど素人である)多分、出だしだろう?

 

 見てみると…。歌い出しが、C、G、Am、G、F、Em、F、G、…。

 

 少し配列は違うが、最初のC、G、Am、がカノンそのものだ。

 

 私はほとんどの国民と同じで、カノン進行が好きなようだ。

 

 しかし、私は音楽ど素人として言い切ろう!これは「パクリ」ではない。

 

 カノン進行は、落語で言うと「教わってマネして失敗する」または「かってにマネして失敗する」鉄板のパターンである。家のほめ方、牛のほめ方を教わって失敗する「牛ほめ」のパターンだ。

 

 この法則「牛ほめ進行」(そんな言葉はない)を使うネタは、「子ほめ」「看板のピン」「青菜」「時そば」「新聞記事」「つる」…。上げればきりがない。

 

 三遊亭白鳥師匠の名作「マキシム・ド・のん兵衛」などは新作界の「牛ほめ進行」である(ユーチューブで見られます)。

 

 この様な基本となるノウハウは、どの世界にもあるものなのだ!

 

 「♪き~ずいちゃった!き~ずいちゃった!わ~い!わい!」(この終わりは、デッカちゃん進行である)

 

 

今、気づいたが…。私は落研の学生時代。「牛ほめ進行」の落語をやっていない!何とも悔いが残る事実である。「長短」「饅頭怖い」「粗忽長屋」「反対俥」「火焔太鼓」「欠伸指南」「妾馬」「提灯屋」。私は鉄板の失敗ものが嫌いだったのだろうか?落語らしくて見るのは好きなのだが…。「時そば」あたりをやっておけば良かった!と、今思う!そんな失敗の青春時代のドキュメントです。

          ↓

宣伝。ネット書籍「嗚呼!青春の大根梁山泊東海大学・僕と落研の物語~」上・中・下

 

「嗚呼!青春の大根梁山泊~放送業界編~」も出ました!こちらの文章は、今後も新原稿がアップされる予定です。

 

直木賞には程遠い、青春エッセイを皆様に…

安いです。上→200円。中→300円。下→300円。

「放送業界編」800円(高そうに見えますが、上中下に分けていないので、枚数と値段は同等です)

「青春落語バカの楽しいエピソード」有名劇団の主催者や脚本家、演出家絶賛!

脚本家の穴吹一朗君も稲葉一広さん、神奈川の高校の副校長・木馬君も呆れたエッセイ!

      ↓ 

 https://note.com/bakodayo1874basu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ど素人の音楽蘊蓄!

 以前、ど素人が「映画蘊蓄」を書いてしまったが…。今度は、何も分かってない奴が「音楽について」書いてみる。

 

 最近、「あいみょん」の「マリーゴールド」をギターで弾いてみた私だが、歌詞の素晴らしさを感じた。

 それは「麦わらの帽子の君が」と歌うところだ。この「の」が凄いのである。凡人が歌詞を書くと「麦わら帽子の君」と書いてしまう筈だ。その昔、松崎しげるさんの歌に「黄色い麦わら帽子の女の子」という歌詞があったが、普通は「麦わら」の後に「の」は入れない。この語感センスが素晴らしいのだ。

 

 これは、大伴家持坂上田村麻呂、の様な響きになる。私など「放送の作家」である。「小林の哲也」とも言える。なんだか分からないが語感が変わると「印の象」がかわるのだ。

 

 今日の「エッのセイ」「コラのム」は「以の上」。短かった!次回は、「カノン進行と吉田拓郎」を予定しております。

 

 

 子供の落語大会があるそうだ。プロに習っている子供もいるそうだ。今や、ピアノ、バイオリン、の様に落語を習う子供がいるのか?

 その選択はありだと思う。全国の落語好き子供達の推薦図書です。

            ↓

宣伝。ネット書籍「嗚呼!青春の大根梁山泊東海大学・僕と落研の物語~」上・中・下

 

「嗚呼!青春の大根梁山泊~放送業界編~」も出ました!こちらの文章は、今後も新原稿がアップされる予定です。

 

直木賞には程遠い、青春エッセイを皆様に…

安いです。上→200円。中→300円。下→300円。

「放送業界編」800円(高そうに見えますが、上中下に分けていないので、枚数と値段は同等です)

「青春落語バカの楽しいエピソード」有名劇団の主催者や脚本家、演出家絶賛!

脚本家の穴吹一朗君も稲葉一広さん、神奈川の高校の副校長・木馬君も呆れたエッセイ!

      ↓ 

 https://note.com/bakodayo1874basu

 

 

 

意外な反響!しっぺい太郎

 二つ前のエッセイで、ゆずの「夏色」から、坂でやった危険な遊びについて書いたが、ついでに記した昔話「しっぺい太郎」(早太郎)に興味を持った方がいる様だ。

 

 静岡県磐田市では、親が寝物語に話す定番の昔話だ。磐田では「桃太郎」「浦島太郎」と並んで「しっぺい太郎」がランクインする。

 

 初めてTBSの「マンガ日本昔話」に取り上げられた時は、市民が驚愕したが、それは、嬉しいのと同時に「知らない内容が入ってる」ということだった。

 

 多分、テレビは文献をしっかり調べて(または、脚本家が面白くアレンジ)いるのだろうが…。我々は、あくまで「親が語ったストーリー」が本物である。

 

 つまり各家庭に「別のアレンジ」がなされているのかも知れない。

 これは、沖縄の各家庭にオリジナルの島唄があるのと同じだ。そこで、私が父親に聞かされた「しっぺい太郎」を披露してみようと思う。

 

 その昔。静岡県磐田市の村では毎年、ある時期になると、どこかの家の屋根に矢がささる。この矢がささった家は、娘を生贄に差し出さないと村に災いが起こるというのだ。矢がささるのは決まって村一番の美人の娘がいる家である。

 家族は反対するが…。

 村人達は家人を説得して、娘を木の箱に入れて天神様の境内へと運ぶ。

 

 ある年。この話を「オカシイ」と思った、若者(男性)が、隠れて箱を見ていると、夜中にヒヒの化け物が現れる。

 そして、生贄の前で宴会を始めて唄を歌う。♪しっぺい太郎に教えるな~!しっぺい太郎に教えるな~!

 若者は「しっぺい太郎…」これは、化け物が嫌いな勇者に違いないと確信。日本全国を旅して「しっぺい太郎」という人物を探す。

 しかし、どこを探しても…。そんな変な名前の勇者は居なかった。肩を落として最後の旅先の長野県のお寺で休んでいると…。住職が犬に餌をやっている。

 

 「おお~!ご飯だよ!しっぺい太郎!」

 「ワン!」

 

 驚いた若者は、住職に訳を話すと「役に立つか分かりませんが、それなら、連れ帰って下さい」と、しっぺい太郎を送り出す。

 

 村人は翌年の木の箱に娘の代わりに「しっぺい太郎」を入れて、天神様に境内に置いた。

 そこで、箱を開けたヒヒの化け物に「しっぺい太郎」が襲い掛かる。ヒヒの反撃も凄く、相打ちで両方共絶命してしまう。

 それ以来、村は平和になりましたとさ!めでたし!めでたし!

 

 ざっと、こんなお話だ。どうも、元々は山賊か何かが神社の山に住んでいて、村人を騙していたのが「昔話」になったような気がする。

 

 確か、見附天神の飼い犬は、今も代々「しっぺい太郎」と名付けているのではないかと思う(うろ覚えです。違ったらスイマセン)。

 その記憶があったので、自転車で坂を下る遊びの時も「しっぺい太郎」が居たと記した訳である。

 

 この話は、ミュージカルになって小学校の全校生徒の前で披露されたこともある。確か「劇団いろは」だったような気がする。

 この時も「あれ?こんな話初めてだ!」が沢山入っていた。若者と村娘との恋的な要素も入っていた様な気がする。

 旅も長く「西遊記」の様に、色々な困難に遭遇していた様だ(多分、脚本家のオリジナル)。

 

 こんなに長々と書くと、読んでいる皆さんは…。さぞ、疲れたことだろう?あれ?みなさん!…「ああ~!寝てるよ!読者の皆さんなんてのは、罪が無い!」(古典落語「桃太郎」の落ちより)。

 

 今年の夏は、見附天神の天下の奇祭「裸祭り」はあるのだろうか?

 

 

 このネット書籍があることは「♪しっぺい太郎に教えるな~!」。若者よ!この書籍を広める為に、全国の旅に出よ!やらないと、屋根に矢がささります。

           ↓

宣伝。ネット書籍「嗚呼!青春の大根梁山泊東海大学・僕と落研の物語~」上・中・下

 

「嗚呼!青春の大根梁山泊~放送業界編~」も出ました!こちらの文章は、今後も新原稿がアップされる予定です。

 

直木賞には程遠い、青春エッセイを皆様に…

安いです。上→200円。中→300円。下→300円。

「放送業界編」800円(高そうに見えますが、上中下に分けていないので、枚数と値段は同等です)

「青春落語バカの楽しいエピソード」有名劇団の主催者や脚本家、演出家絶賛!

脚本家の穴吹一朗君も稲葉一広さん、神奈川の高校の副校長・木馬君も呆れたエッセイ!

      ↓ 

 https://note.com/bakodayo1874basu

 

 

 

 

 

中野督夫さんの訃報が報道された!お悔やみを申し上げます!

 ミュージシャンの中野督夫(なかの とくお)さんが逝去された。過去のブログにも書いたと思うが…。

 中野さんはセンチメンタル・シティー・ロマンスのリーダーでギターリスト。薬師丸ひろ子さんの「セーラー服と機関銃」のテーマで、エレキギターを弾いていた方である。加藤登紀子さんのコンサートでもバックを務めていた。

 

 私は初めてギターを買った日に、飲み屋で中野督夫さんに会った。ギター見ると「今日買ったの?どれ!」と手に取って弾いてくれた。「うん、初心者だったら、これ、いいんじゃないの?三万ぐらいした?」「一万です!」「これ、一万なの?中国製凄いな~!」と言って、ギターを教えてくれた。

 

 私は中野さんのことを良く知らなかったが、ミュージシャンということは知っていたので、とてもありがたく、恐縮したものだ。

 

 今は、生意気にももっと高いギターを使っているが…。中野さんに教わった「まず、キダーに話しかける!お前は、どこから来たんだい?どこの国の木なんだ?」と、素材と会話する精神的教えは今も忘れていない。

 道具を大切にする精神は、日本の野球とも似ている。

 

 実は、同じ店に中野さんの息子さんも来ていた。彼もミュージシャンである。私が初めて練習を始めた「シンシア」(吉田拓郎&かまやつひろし)のオシャレなアレンジを教えてくれたのが、この息子さんである。

 私はギターの出発は、中野親子の弟子だった。

 

 テクニックは、その頃から二十年向上していないが、なんとなく誤魔化して弾く方法を憶えた。

 今日は、中野督夫さんの追悼の意味を込めて「シンシア」でも弾いてみようか…。

 

 

 ちなみに、この飲み屋は今は無い。世田谷線宮の坂近くにあった「月がでた」である。この店では、昇太師匠と中野さんが一緒になったことがある。中野さんは「今から落語家さんが来るの?偉い師匠だったら緊張するなー!鶴瓶さんなら親しいんだけど…」と言った。この言葉に、こっちが緊張した。鶴瓶師匠って…大御所すぎる!

           ↓

宣伝。ネット書籍「嗚呼!青春の大根梁山泊東海大学・僕と落研の物語~」上・中・下

 

「嗚呼!青春の大根梁山泊~放送業界編~」も出ました!こちらの文章は、今後も新原稿がアップされる予定です。

 

直木賞には程遠い、青春エッセイを皆様に…

安いです。上→200円。中→300円。下→300円。

「放送業界編」800円(高そうに見えますが、上中下に分けていないので、枚数と値段は同等です)

「青春落語バカの楽しいエピソード」有名劇団の主催者や脚本家、演出家絶賛!

脚本家の穴吹一朗君も稲葉一広さん、神奈川の高校の副校長・木馬君も呆れたエッセイ!

      ↓ 

 https://note.com/bakodayo1874basu

 

 

ゆずの「夏色」を聞いて、磐田市の坂を思い出した!!

 今、ラジオで「夏色/ゆず」がかかっている(春風亭一之輔「あなたとハッピー」)。「長い坂道」「下ってく」…。このフレーズで五十年前の静岡県磐田市の坂を思い出した。

 

 一つは、見附天神の急こう配のほぼ直線の坂だ。ここは、道幅が広く、境内へと続く参道なのだが、店などは無く、自転車で下れるのだ。人通りもほとんどない。

 小学校の頃。男子十人程でこの坂を自転車で「どこまでブレーキ無しで下って走れるか」という「チキンレース的」なことをしていた。

 もし、転倒すれば病院送りもありえる(それ以上もあり得る)恐ろしい遊びである。昔の子供は、この手の「危ない遊び」に参加しないと、仲間外れにされてしまう。

 

 私はビビりなので、いつも、先にブレーキをかけてしまう。しかし、トップの三人は五十メートルは先を走っていた。

 自転車の性能にもよるが、ブレーキ無しだと、坂の中盤でハンドルがガタガタする。私の自転車はプレーキが利かないので、すぐにリタイアとなる。

 トップグループは最新のディスクブレーキが付いている。小学生の戦いに「公平」などない。家庭の財力も合法なのだ。これで、子供達は「この世は平等でない」ことを知る。

 

 そして、問題は、この坂の終点が普通の公道で車が通っていることだ。つまり、ブレーキが遅れると車道に飛び出してしまうのだ。

 これは、確実に大事故となる。その事故地点までの距離と自分の自転車の性能を体感で加味しながら、車道の手前でピタリと止まるのがドライバーの腕である。

 

 まだ、Fー1が日本で放送されていなかった頃。あの坂は、僕達の鈴鹿だった。いや、一般道という意味では「モナコ・グランプリ」ならぬ「磐田グランプリ」だ。

 

 そして、坂の終点には駄菓子屋がある。そこで、瓶のコーラを抜いて表彰式である(実際は飲んだだけ)。

 

 学校や親に知れたら、確実に「天神様の自転車の坂くだり禁止令」が出るだろう。ケガ人が一人も出なかったのが、不思議なくらいだ。

 ちなみに、ゆずの「夏色」は駐車場に猫がいるが…。見附天神には怪物を退治した伝説の犬・しっぺい太郎が居た。

 

 さらに、もう一つ。

 

 磐田市の図書館から裏へ抜ける坂を思い出す。ここは、アスファルトが何カ所か段差になっている。つまり、車も自転車も通行できない。段差でジャンプしてしまうからだ。

 

 我々は小学生はこでローラースケートを楽しんでいた。

 

 この坂は危なくてローラースケートは出来なかったが、その脇に舗装された小道が沢山あって、ここを滑ると、スキーのノルディクの様に楽しいのだ。

 みんなでこの小道を走っていると…。一人が、あることにひらめいた!落ちていた太い竹を股に挟んで座ったのだ。竹を持って股に入れ、竹を後ろにすると、両足のローラースケートと尻の下の竹とで、接地面が3点になる。しかも、体重を竹にかけるとブレーキとなるのだ。

 

 そいつが言った。

 

 「これ、あの段差の坂滑れるんじゃないか?!」

 「えっ!!いけるかも?」子供たちの目が輝いた。

 「やってみるか!」

 

 全員が落ちている竹を使って、あの、殺人的な坂を下りてみることにした。

 

 これは「チキンレース」というより「力学の実験」である。支点と力点。竹の力でどれだけのブレーキがかかるのか?もはや「自動車会社の研究チーム」である。

 我が町は「ホンダ」「ヤマハ」「スズキ」の工場もあるバイク・車の本場だ。我々はもはや「下町ロケット」の開発チームの様になっていた(三輪バイクのトライク風)。

 

 意を決して滑るとスピードが半端でない。しかし、3点で支えられているので技術の差に限らず安定している。これは、ジェットコースター並の面白さだ!

 実際、私は初めてスキーをした時より、この時の方がエキサイティングだった。

 

 そして、体重を竹にかけると…。凄い!竹のしなりが利いて完璧なブレーキがかかるのだ。定期的にある階段の様な段差の度に「ジャンプ」するのもスリリングだ。まるで、ラジコンの車でレースしている様だ。

 さらに、この坂も終点は自動車も通る公道だが…。竹ブレーキの性能は素晴らしく。簡単に止まることが出来る。

 

 「うお~!」これなら、帝国重工もすぐ採用するだろう?(エッセイが妄想に入っている)

 

 ゆずの「夏色」の坂は、「♪ゆっくり下ってく~」だったが磐田の坂は激しく下っていた。ゆずは、真似すると危険なので「ゆっくり下る」歌詞にしたそうだ。

 何と大人だ!コンプライアンスがチャンとしている。しかし、磐田の小学生はコンプライアンスなどと言う言葉を知らない。知ってるのは「酢昆布」と「ライス」と「アイス」ぐらいだ(このくだりは、失敗でした)。


 とにかく、磐田の坂は我々のオリンピックだった!

 

 磐田出身の卓球・水谷準君、伊藤美誠ちゃん、団体も応援しているよ!元「坂下りオリンピック」の先輩としてエールを送ろう!

 

 

危険を承知でチャレンジする、あの心は、大学生でも健在だった!あきれた男たちの大学青春馬鹿白書!ドキュメントは強い!

          ↓

宣伝。ネット書籍「嗚呼!青春の大根梁山泊東海大学・僕と落研の物語~」上・中・下

 

「嗚呼!青春の大根梁山泊~放送業界編~」も出ました!こちらの文章は、今後も新原稿がアップされる予定です。

 

直木賞には程遠い、青春エッセイを皆様に…

安いです。上→200円。中→300円。下→300円。

「放送業界編」800円(高そうに見えますが、上中下に分けていないので、枚数と値段は同等です)

「青春落語バカの楽しいエピソード」有名劇団の主催者や脚本家、演出家絶賛!

脚本家の穴吹一朗君も稲葉一広さん、神奈川の高校の副校長・木馬君も呆れたエッセイ!

      ↓ 

 https://note.com/bakodayo1874basu

 

 

 

国民年金のお話…。

 私はフリーの放送作家を続けて、37年になる。

 年金は国民年金となるが…。大学生時代は払っていない。さらに、見習い作家の時も払わなかったので、6年程積み立てが抜けている。

 

 先日、60才となり「以前の未払い分をまとめて払えないか?」と聞いてみた。それは、出来ないようだ。

 その代りに、通常の国民年金は60才までの支払いだが、追加で5年支払うと、補えるという。そこで、更新すると…。「2年分一括にすると、年金の金額が上がります」と言われた。つまり、2年まとめて2回払い。別に1年分まとめて払うのだそうだ。

 そこで払うことにした。すると、「毎月400円のオプションを払うと、さらに年金が上がりますけど」と言う。ここまで来たら、400円など些細なものだ。勿論、払うことにした。

 

 とっくに破綻した年金だけあって、少しでも資金を集めようという訳か?もし、私がすぐ亡くなれば国は儲かるという訳だ!だったら、若い頃払えなかった年金を今払える様にすれば良いと思うのだが…。その辺のチグハグがいかにもお役所仕事である。

 

 これは、命を懸けた「人生ギャンブル」である。80才ぐらいまで生きれば、元がとれるだろうか?

 

 ちなみに、私の父親は96才で元気なので、本命の優勝候補である。予想倍率としては1.5倍程度だろう?

 

 年金の払いを5年延長すると、100万程になる。それで、年間十万年金が上がったとしても、65才から75才まで十年は貰わないと損だ。

 過去に払った何百万もの資金を取り戻すには、二十年はもらわないと割にあわない。

 

 しかも、国民年金は額が少ないので生活は出来ないだろう?そこで、駐車場経営やアパート経営などを考えてしまう。

 

 ネットで見ると、車を買う程度の安い中古アパートが売りに出されている。例えば、これを購入して…家賃収入を計算すると…。あれ?二十年しないと元はとれそうにない。しかも、部屋の修理費もかかるし、いつも満室とは限らない。今、60才の私が80才を超えてやっと儲かるのなら、銀行に現金で置いてもたいして変わらない気がする。

 他の売りマンションなども、たいていが、そのパターンだ。まあ、率よく儲かれば売らないのだから、そんなものだろう?

 

 やはり、ネットに儲け話など、無い様だ!

 

 田舎の物件を購入して、自給自足を始める退職者の気持ちが分かるような気がする。別荘など、案外安く売っている様だ。

 

 

国民年金より、さらに、率の悪いのが、この書籍。書いた労力と収入を考えると…。何もしない方が得である。

しかし、損得無しの青春おバカエッセイは、迷える夏休みの若者の心に刺さる!「君は輝いているか?!全力でぶつかった!?」屈折した!マニアックな青春に悔いは…ある!悔いだらけだ!卓球・水谷準の運とパワーと大谷サーン!の活躍とは何の関係もない、落語野郎だ!買ったあなたは与太郎になれる!

            ↓

宣伝。ネット書籍「嗚呼!青春の大根梁山泊東海大学・僕と落研の物語~」上・中・下

 

「嗚呼!青春の大根梁山泊~放送業界編~」も出ました!こちらの文章は、今後も新原稿がアップされる予定です。

 

直木賞には程遠い、青春エッセイを皆様に…

安いです。上→200円。中→300円。下→300円。

「放送業界編」800円(高そうに見えますが、上中下に分けていないので、枚数と値段は同等です)

「青春落語バカの楽しいエピソード」有名劇団の主催者や脚本家、演出家絶賛!

脚本家の穴吹一朗君も稲葉一広さん、神奈川の高校の副校長・木馬君も呆れたエッセイ!

      ↓ 

 https://note.com/bakodayo1874basu

 

 

 

 

 

スケートボードの上手さの違いって?

 五輪のスケートボードのテスリの上を滑る競技は見方が難しい。U字型のところで技を決める競技は、なんとなく凄い!と思うが…。

 

 テスリの上を滑って着地するだけの競技は、トップの選手を観ても素人目には板の中心で滑っただけにしか見えない。

 本当は凄い技なのだろうが…。素人目には…。世界一なの?となってしまう。

 

 誰か、何故凄いか解説してくれる人は居ないのだろうか?

 

 採点競技の難しさである。あくまで個人の感想です。

 

 

 ちなみに圓生師匠の「首提灯」の映像を見た時。「凄げ~!着物の袖をはたくスピード、キレ、それだけで、全然違う!」と思った。

 それと同じ様な気がする。初心者には何だか分からない。