放送業界のお話と落研と私的な思い出(瞳尻・黒舟)

放送関係。業界のエピソードと近所の出来事

何故かサッカーをやることに…

 何故か「草サッカー」をやることに成ってしまった。私はボールを使う競技が苦手である。中学時代、バスケットをすれば必ず「突き指」。

 野球をすればボールが三塁から一塁まで届かない。当然、サッカーボールの早いスピードに追いつくのは無理だ!

 

 やってみると、案の定…。全然、ボールに触れない。テレビで世界のサッカーを見ているので、ポジション取りは「メッシならここにいるはずだ」とか「ロナウドなら、ここに走り込むだろう」と想定して動いているが、まわりも、ヘタなのでボールは来ない。

 しかも、私は走れないから、足元にボールが欲しいのだ。

 

 まったく、ボールに触らないまま、後半に入った。すると、相手に当たった球が、偶然、私の前に転がって来た!

 ここだ!私は、1メートル程左に移動して、そのまま左足を思いっきり振りぬいた!ドカッ!

 音と共に、激痛が走った!「痛て~!」

 

 気づくと、部屋のベッドの横の壁に思いっきり足をぶつけている。「うわ~!夢かよ~!」すばらくすると左足の親指から血がにじんできた。

 

 私は3年に一度ぐらい、サッカーの夢を見て足をケガする。何度やっても「夢」だと気づかないのだ。

 しかし、何故いつもサッカーなのか?野球やバスケットの夢は見たことが無い。他に、中学時代にやっていた柔道の夢は見るが、圧倒的に「サッカーの夢」が多い。

 

 私は今、地元ののチーム・ジュビロ磐田の選手の名前も言えない状態だ。中山、スキラッチドゥンガファネンブルグ、名波、あたりの時代には見ていたが、2部降格後は…。観戦をあきらめてしまった。

 

 なのに「夢」は、いまだにサッカーである。サッカー大国・静岡県人のDNAには何か刻まれているのだろうか?

 

あああああ~!足の爪が痛い!

 

 

 

こちらも、よく夢に出てうなされる学生時代のエピソードと、放送業界のエピソード!

壁は蹴らない安全なエッセイです。

       ↓

宣伝。ネット書籍「嗚呼!青春の大根梁山泊東海大学・僕と落研の物語~」上・中・下

 

「嗚呼!青春の大根梁山泊~放送業界編~」も出ました!こちらの文章は、今後も新原稿がアップされる予定です。

 

直木賞には程遠い、青春エッセイを皆様に…

安いです。上→200円。中→300円。下→300円。

「放送業界編」800円(高そうに見えますが、上中下に分けていないので、枚数と値段は同等です)

「青春落語バカの楽しいエピソード」有名劇団の主催者や脚本家、演出家絶賛!

脚本家の穴吹一朗君も稲葉一広さん、神奈川の高校の副校長・木馬君も喜んでくれたエッセイ!

      ↓ 

 https://note.com/bakodayo1874basu