放送業界のお話と落研と私的な思い出(瞳尻・黒舟)

放送関係。業界のエピソードと近所の出来事

天真みちるさん!この人凄いぞ!

 春風亭一之輔のFМラジオ「サンデーフリッカーズ」のゲストに、元・宝塚の天真みちるさんがやって来た。

 

 私も著書の自伝「こう見えて元タカラジェンヌです」(左右社)を読んだのだが…。あまりに面白く、読めば読むほどファンになってしまった。

 

 失敗続きの宝塚音楽学校生が、苦労と工夫で、自分の道を切り開いて行く。しかも、いつも、微妙に「間違えた方向」に行ってしまう。

 それなのに、何度もミラクルを巻き起こす。そして、最終的には唯一無二のスターとなってゆく。

 

 その、エピソードは笑いが満載だが、本質は落語の「中村仲蔵」や「淀五郎」(歌舞伎役者の噺)の様な芸人の苦心談だ。

 

 「色々なオッサン」を極める為の苦労は、コント職人に近いものがある。いかに、女性をオジサンに見せるか?もはや、友近さんみたいな拘りだ。

 より味のある「オジサンファッション」の手に入る店もリサーチして通っている。

 

 「もみあげ」「モヒカン」「ヒゲ」その全てに全身全霊必死の葛藤がある。

 

 詳しい内容は…。是非、本をお読みください。

 

 「宝塚の裏サクセスストーリー」は、誰の人生にも参考になります。この夏、私的・学生達の「推薦図書」とします。

 

 

表の推薦図書は、こっちでした!

   ↓

宣伝。ネット書籍「嗚呼!青春の大根梁山泊東海大学・僕と落研の物語~」上・中・下

 

「嗚呼!青春の大根梁山泊~放送業界編~」も出ました!こちらの文章は、今後も新原稿がアップされる予定です。

 

直木賞には程遠い、青春エッセイを皆様に…

安いです。上→200円。中→300円。下→300円。

「放送業界編」800円(高そうに見えますが、上中下に分けていないので、枚数と値段は同等です)

「青春落語バカの楽しいエピソード」有名劇団の主催者や脚本家、演出家絶賛!

脚本家の穴吹一朗君も稲葉一広さん、神奈川の高校の副校長・木馬君も喜んでくれたエッセイ!

      ↓ 

 https://note.com/bakodayo1874basu