放送業界のお話と落研と私的な思い出(瞳尻・黒舟)

放送関係。業界のエピソードと近所の出来事

「落研の裏レジェンド!外伝!」

 東海大学落語研究部・一年生の春。大学最寄りの駅、小田急線・大根駅(現・東海大学前駅)から、鶴巻温泉側へ歩いてすぐにスナック「ルパン」があった。

 

 ここは、落研の出入りはなく、一年だけで同期会議をするのに都合が良かった。

 

 一年の同期、頭下位亭黒舟(とうかいてい くろふね・私)、我裸門(ガラモン)、切笑(せっしょう)、で飲んで居ると…。

 一番奥の席に、なんだか怖い集団がいることに気づいた。みると、ガクランの男達が「押忍~!」等と言っている。

 

 完璧に応援団である。その日は、OBが来ていたらしく、私服の怖そうな人が真ん中に座っていた。

 

 我々は、面識がないので問題ないが、怖いので、きりの良い所で店を代えようと思い席を立った。

 

 すると…。

 

 「あれ! お前ら、うちの兵隊じゃね~か!」

 「えっ!」

 

 良く見ると、一番大物の応援団OBの隣に大男がいる。あれ? ジャイアンみたいな人だ…。私は目を疑った。そう、落研の裏レジェンド・四年生の夢豚(ムートン)さんだ。

 

 夢豚さんは、体育会や格闘関係の部とも親交があり。その人望から大学の文化祭「建学祭」の副実行委員長を務めていた。

 そのため、各団体の大物OBとも仲が良かったのだ。

 

 夢豚「紹介します! うちの一年生です」

 三人「失礼します!一年の〇〇です」

 夢豚「丁度いい! 今から兵隊が、芸やりますから見てやって下さい!」

 三人「えええ~!」

 

 三人の兵隊は固まってしまった。すると…。応援団のOBが「モノマネ見たいな!」と言った。

 

三人「ええ~!」

 

 三人の相談の結果。モノマネが全くできない私が司会役で、他の二人がモノマネをやることになったのだが…。彼らもウケるネタなどない。

 

 落研の何代か前の先輩が開発した「モノマネ南京玉すだれ」というネタがあったので、その形を使うことにした。

 これは、「南京玉すだれ」(ご存知で無い方はお調べください)の歌を使って、

♪あ、さて!あ、さて!あ、さて!さて、さて、さて、さては南京玉すだれ~チョイと伸ばせば、チョイと伸ばせば〇〇〇にさも似たり~!

 

 と歌った後、モノマネをやると言うものだ。玉すだれは無いので無理やりだが、クラブ内の宴会芸である。

 

 ネタはなくとも、先輩の命令は絶対だ。とにかく、やるしかないのだ。

 

 私「♪あ、さて!あ、さて!あ、さて!さて、さて、さて、さては南京玉すだれ~チ  

   ョイと伸ばせば、チョイと伸ばせば草刈正雄にさも似たり~!」

 切笑「今晩は~!草刈正雄です!」シ~ン! 

私「♪あ、さて!あ、さて!あ、さて!さて、さて、さて、さては南京玉すだれ~チ  

   ョイと伸ばせば、チョイと伸ばせば石立鉄男にさも似たり~!」

我裸門「おい! ちーぼう!」シ~ン!

 

 予想した通りの、潮が引くようなシラケ方。三人の兵隊はあっけなく戦死した。

 

 応援団の大物OBが言った。

 「う~ん! 昔、獅子頭は面白かったのにな~!」(獅子頭さんとは、現・柳家一九師匠である。獅子頭さんは大学の校舎の形の形態模写やジーパン刑事の殉職シーンのモノマネ等でウケていた)。

 

 夢豚「すいません! この兵隊! まだ、一年生なんで許してやって下さい! 切奴(現・昇太師匠)が居ればな~!」

 一同「(心の声)あんたが、やらせるからだよ!このメンバー見れば予想がつくだろう!」

 

 夢豚「黒舟~! 司会やるなんて、お前も偉くなったもんだな!まあ、かってに飲んでろ!」

 

 先輩は悠々と去っていった。

 

 我々三人は、自分の力の無さに打ちひしがれ、とても酔える気分ではなかった。

 

 でも、私には分かっています。「夢豚さんは私たちにチャンスをくれたのですね」それを生かせなかったのは、我々の勉強不足でありました。「押~忍!」とコラムでは書いておこう…。

 

 ちなみに、夢豚さんのその後を知りたいと、書き込んだツイッターの答えを…。

 卒業後、信販会社に就職。後輩全員強制的にクレジットカードを作って下さいました。その後、転職した時、夢豚さんの一言「もう、やめたから解約していいよ」。

 このカード。あれから数十年たちますが、今も私のメインのカードとして活躍しています。

 

 裏レジェンドは不滅です!

 

 

宣伝。ネット書籍「嗚呼!青春の大根梁山泊東海大学・僕と落研の物語~」上・中・下

直木賞には程遠い、青春エッセイを皆様に…

安いです。上→200円。中→300円。下→300円。

「青春落語バカの楽しいエピソード」有名劇団の主催者や脚本家、演出家絶賛!

      ↓ 

 https://note.com/bakodayo1874basu