放送業界のお話と落研と私的な思い出

放送関係。業界のエピソードと近所の出来事

成子坂・桶田敬太郎の構想!

 私と仲の良い釣り仲間だった桶田敬太郎フォークダンスDE成子坂)君は、生前、「成子坂のコントを古典落語みたいに、若手にやらせてみたいんです」と言っていた。

 

 彼は若手のお笑い芸人を育成していた。そこで、勉強の為に「成子坂の定番コント」に挑戦させていたのだ。

 その若手は、ウケていたそうだが…。敬太郎には不満が残った様だ。

 

 「小林さん、若手に成子のコントやらせてみたんですけど…何か違うんですよね~!」

 

 具体的にどこが悪いかは言わなかったが、微妙な間、呼吸、言い方の強弱が「繊細」でないという。

 私の憶測だが、これは、落語で言うと前座さんの古典落語を観た師匠が「違う!」というのと似た感覚ではないだろうか?

 

 結局、若手はついて行けず、辞めて行った。

 

 今、知人から「敬太郎が生前に構想したクラウドファンディング」のお知らせメールが届いた。

 

 何と! フォークダンスDE成子坂のコントを、アニメの主人公にやらせるのだそうだ。可愛い女の子二人がストーリーの中でコントに挑戦するらしい。

 

 「芸人でダメなら、アニメで声優にやらせよう!」ということだろうか?

 

 今、思い出すと、釣りに行く車の中で「声優や俳優にコントさせようと思うんです」と言っていた。私は早朝に起きて眠い中で聞いていたので、あまり反応をしなかった。

 「ふ~ん!」と気のない返事をした様な気がする。今、思うと「それ、いいね~! いけるよ!」と言ってあげれば良かった。

 向こうも、そんなリアクションが欲しかったのではないだろうか?

 

 それ以来。その話は私にはしなくなっていた。私はただ眠くて適当な返事をしたのだが、「この人、のってない」と思ったのかもしれない。

 

 この映画の監督は、元芸人で桶田敬太郎に憧れていた人物。製作の責任者は、新人の頃の成子坂の才能を高く評価して、名古屋のテレビ番組に抜擢した人物。元プロデューサーで下北沢で劇場を経営するO氏である。

 ちなみに、この番組の構成には、私も参加していた。

 

 今、アニメによる予告編なども制作され、ユーチューブで流されている。資金さえ集まれば、実現するのだが…。まだまだ、先は見えていない様だ。

 

 こちらに、ホームページやユーチューブのアドレスを載せておきます。

 皆さん、お力を下さい!

 

 

クラウドファンディングHP https://camp-fire.jp/projects/view/339950

【公式ツイッター https://twitter.com/SketchSore

youtube ティザー】https://youtu.be/D2x2zBpxM-o