放送業界のお話と落研と私的な思い出

放送関係。業界のエピソードと近所の出来事

春風亭昇太師匠の給付金

f:id:bakodayo-basu3:20200709191703j:plain

今も現役で使用している昇太支給レンジ


f:id:bakodayo-basu3:20200625194927j:plain

 春風亭昇太師匠が弟子の前座さんに「特別給付金」十万円を与えたと報道された。春風亭一之輔師匠は落語の枕で「私はしません」と言っていたが、私は昇太さんらしいと思った。

 

 落語の弟子は基本、食えないと分かって入門しているし、師匠が断っても「どうしても」と頼んで入れてもらっている。

 自分で分かって入っているから「自分でなんとかしろ」これが一般的な考えである。

 

 三十年ぐらい前だろうか? 昇太さんがうちへやって来た。

 「小林! 電子レンジ買ってやる!」

 あまりに突然だが、嬉しいので、そのまま近所の小さな電気屋へと向かった。

 

 店まで歩きながら

 「俺、電子レンジ買ったんだよ! これが、凄いんだ! ジャガイモなんか、チンするだけでホクホクだぞ!」

 どうやら、初めて電子レンジを買った感動を伝えたくて、ついでに買い与えてくれる様だ。とても現代人の会話とは思えない。売れ始めの頃だから、一気に生活が向上したのだろう。

 

 売り場で私は二番目に安い電子レンジを指さして「これがいいです」と言った。すると昇太さん「これはダメ! 俺のより機能が良い! こっちにしろ!」

 

 値段は大して変わらないが、負けず嫌いな師匠なので、そこは譲れないのだ。

 

 そこでもっとも単機能のレンジを買って頂いた。実は、このレンジ今も使っているが、確かに便利だし、単機能の方が使い方が簡単で良い。

 

 しばらくたった頃。また、昇太師匠がやって来た。

 「小林! ウォシュレット買ったんだけど、スゲーぞ! 一度使ったら、もう、紙にはもどれないぞ! お前にも買ってやる!」

 「ありがとうございます!」

 当時、一番安い物でも七万円はする品物である(正確には他社のシャワートイレ)。これは、近所の店には売っていないので、昇太さんは、どこかの量販店で買って家に持って来てくれた。

 「これ、自分でつけられますかね~!」

 「しょうがね~な~! 俺が付けてやる!」

 何と! 設置までやってくれたのだ。途中でパーツが一つ足りず水が漏れることに気づいたのだが、ラップを使って手作りの工夫をして直してしまった。

 

 「どうだ! 洗ってみろ!」

 「今ですか?」

 「当たり前だ! 使って感動しろ! この愚者!」

 トイレのドアを半開きにして、座ってみた。

 「まずは、大をしろ! バカ!」

 「今は無理ですよ!」

 「汚れないと、本当の良さがわかんね~んだよ! オラオラ! このうんこ野郎!」

 もはや、言ってることが分からない。ドアを閉めてチャレンジしてみた。

 「うおおお~! 本当だ! これは人類の夜明けだ!」

 「そうだろう! 「2001年宇宙の旅」の猿が道具を使った瞬間が、今のお前だ! この愚者! 洗え! 猿男!」

 

 確かに、人類のステージが一つ上がる瞬間を見た。

 

 また、こんなこともあった。世田谷の経堂駅前を二人で歩いている時。

 「小林! 服ジャンケンだ!」

 「えっ! いきなりですか?」

 「この店で好きなシャツを選べ! 俺も選ぶから、払いはジャンケンで負けた者が払う! どうせ、お前が負けるんだから、好きなのを選べ! 貧乏人!」

 

 またもや無茶苦茶なことを言っている。私はチョット高いジーパン生地のリーバイスのシャツを選んだ。すると昇太さんは「この野郎! 俺より高いの選びやがって、でも許してやる! それは、お前が負けるからだ!」

「ジャンケン! ポン!」

 チョキを出す私に、チョット遅れてパーを出す昇太師匠。

 「ク~~! 負けたか~! よし、買ってやるバカ!」

 

 私は思った。この人、わざと遅出しして負けて私にシャツをプレゼントしてくれたのだ。

 このジーンズ生地のシャツは丈夫で、今も現役で活躍している。

 

 昇太給付金ならぬの「昇太現物支給」である。

 

宣伝 「嗚呼!青春の大根梁山泊~東海大学・僕と落研の物語~」完全版。安価で提供中! 

           ↓

https://note.com/bakodayo1874basu