放送業界のお話と落研と私的な思い出

放送関係。業界のエピソードと近所の出来事

突然!確変状態!なんだこれ?!

 某半蔵門のラジオ局で「耳の穴」を担当している頃。「わらしべ長者」状態で仕事が繋がった私だが、このあたりから、周りがかってに色々な仕事をくれるようになって行く。

 

 放送作家を始めて最初の三年は、これと言ったギャラの出る仕事がなかったので、「くれる仕事」は全部ありがたい。もったいないので全て「断らなかった」。

 全て「無料の仕事先」で出会ったADやDがくれた番組である。それに、加えて東海大学落研の先輩達も仕事をくれる様になったのだ。

 

 春風亭昇太さんから電話があった。

 「今度、赤坂のラジオ局で深夜やるから、入ってもらうぞ!」

 「ありがとうございます」

 

 大学の先輩、Dの山崎(実志)さんから電話があった。

 「昇太の真打昇進特番をやるから、お前も入って欲しんだよ!」

 「ありがとうございます」

 

 有楽町で見習い作家の頃から知っているDのJさんから電話があった。

 「羽野晶紀ちゃんの番組が始まるから、入ってくれるか!」

 「ありがとうございます」

 

 昇太「お前に書いてもらった、静岡のテレビ局の企画書が通ったから、お前は、出演者で一緒に出ろ!」

 「えええ~! 出るんですか?!」

 

 大学の大先輩。放送作家佐藤かんじ(初代・甘奈豆)さんから電話があった。

 「今度、赤坂でやる所ジョージさんの特番に入ってくれ」

 「ありがとうございます」

 

 いつも「無料の仕事」ばかりさせていた、師匠のМ先生まで、

 「小林! フジの朝、ニュース番組やるから、お前も入れ! それと、テレ朝でもニュース番組やるから、入れ! 後、有楽町で山田邦子キッチュの番組やるから、コント書け!」

 

 あの赤坂で「ベトナム人を連れてこい」と言ったSさんまで(遡って読んで下さい)

 「お主! 根本要スターダストレビュー)の深夜番組を一回だけやらせてやる」

 あの、理不尽オジサンまで単発ながら初めて作家の仕事をくれた。

 

 さらに、名古屋中京テレビの仕事も増え、パチンコのフィーバー状態になってしまった。これでは寝る暇がない。

 

 当時のスタッフには申し訳ないが、仕事は流れ作業になり、少しでも寝ることばかり考えていた。

 チョット前まで全然仕事が無くて辛かったのに、今度は寝られなくて辛い。

 人生は修行の連続である。ほどほどが長く続くのが一番いいのだが、それは贅沢というものだ。

 

 この頃。月収が飛躍的に上がり、事務所の稼ぎ頭になってしまった。しかし、事務所は師匠Мの失敗で経営不振となり、ギャラの三分の二は払われなかった。そのまま、事務所は潰れて泣き寝入りである。

 この頃、私はМ先生のベンツのローンを毎月7万円程払っていた。これも泣き寝入りとなった。

 

 人生でもっとも儲けた時期なのに、私の元には大したお金は残らなかった。この後、フリーの作家となったが、そこからは地道な仕事が続いている。

 

 最近の「過払い金」のCМを見る度に、この頃の私の超過払い金を思い出す。30年も前のことなので、もう、時効でとれないが、それもまた人生。♪ああ~川の流れの様に~! である。

 

 すいません。このエッセイに笑う場所はありませんでした! おしまい! ユートピア! 

 

 

宣伝。ネット書籍「嗚呼!青春の大根梁山泊東海大学・僕と落研の物語~」上・中・下

安いです。上→200円。中→300円。下→300円。

      ↓ 

 https://note.com/bakodayo1874basu