放送業界のお話と落研と私的な思い出(瞳尻・黒舟)

放送関係。業界のエピソードと近所の出来事

三十万円のフェアレディ―Z!?

 三十年程前だろうか…。放送作家の先輩、植竹公和さんに呼ばれて、テレビ東京の番組「ききわけのない悪魔たち」という番組を担当したことがある。

 

 週替わりで芸人さんがMCを務めるバラエティーで、ダウンタウンウッチャンナンチャン、などが出演する大きな番組だ。

 若手芸人が登場する回もあって、オーディションには爆笑問題、ズビーム、松村邦洋キットカット(一人は、イジリー岡田)などが参加していた。

 

 この番組で、植竹さんの下に私と、もう一人若手の作家がいたのだが(名前が思い出せない)、この人が車で局に来ていた。

 帰りに駅まで送ってくれたのだが、駐車場に止まっていたのは「何と!」初期型のフェアレディ―Zだった。子供の頃、プラモデルで見た凄い車である。

 私も仕事が色々と入って来た頃だったが、まだ、車は持っいなかった。

 

 そこで「よく、こんな車に乗れるね~!」と言うと…

 

 〇〇「これ、三十万です」

 私「ええ!そんなに安いの!」

植竹「俺の大学の落研の同級生が車屋やってるんだよ!紹介しようか!三十万ぐらいで、いいの探してくれるよ!」

 

 私はフェアレディーZが欲しくて、すぐに紹介してもらった。

 

 早速、三十万円持って車屋へ行くと、そこは、中古車屋ではなくNのディーラーだった。

とりあえず、経営者に「植竹さんの紹介で来た小林です」と告げると「ああ、話は聞いてるよ!裏に中古置いてあるから…」と連れて行かれた。

 

 そして、中古の在庫を見た私は、落胆した。

 

 軽自動車や軽トラ、ワゴン、ばかりで欲しい車が何もないのだ。

 

 「あの~!ファレディZありませんか?」

 「ないね~!あの時は、たまたま、下取りした車だったからね~!」

 「三十万で買える良い車ありませんか?」

 「えっ!三十万だと、やっと走る車しかないよ!この軽とか!」

 

 まったく話が違う。しかし、仕事をくれたありがたい先輩・植竹さんの紹介では、文句を言う訳にはいかない(植竹さんは法政の落研。我々の先輩後輩は絶対的なものなのだ!)。

 

 私はサスガに、今日は帰ろうと思っていたが…。経営者は思いついた様に言った。

 

 「あっ!今、下取りしたばかりのクレスタならあるんだけど…」

 「どんな車でしたっけ?」

 

 店の前の大通りに、下取り直後のクレスタが置かれていた。みると、田舎の暴走族に人気があった車種だ。

 しかし、さっき、ボロボロの軽やワゴンを見たので、かなりまともに見えた。

 傷がなく大切に乗った車の様だ。

 

 「いくらですか?」

 「これなら、八十万でいいよ!まだ、三万キロしか走ってないから、お得ですよ!エンジンはトヨタ2000GTと同じです」

 

 確かに、良い車っぽいが…。私の予算は三十万だ。しかし、話の流れからして恥ずかしくて言えなくなってしまった。しかも、我々の世代には、ボンドカーにもなったトヨタ2000GTと同じエンジンと言う言葉には魔力がある。

 

 当時、私は仕事が入り出した頃で、収入はあったし、自然の流れに乗って生きる性格である。「植竹さんに貰った仕事のギャラで買えばいいか!」と思い、つい試乗もせずに「買います」と言ってしまった。

 

 後日、私は現金八十万円でクレスタを購入した。

 

 乗ってみると、確かに高級感がある。スポーツモードのボタンがあり、押すとキビキビと走る。

 この車で事務所に行くと、整備士の免許を持つМ師匠が言った。「おっ!生意気にツインカム」じゃねーか」

 何の意味か分からなかったが、褒められた様だ!

 

 車購入二カ月後ぐらいだろうか、初めて高速に乗ってみた。すると、「あれ!」スピードが百キロを超えると「すっと」車体がスライドする。あれ!事故車か?!

 怖いので近所のディーラーで見てもらうと、タイヤのバランスが悪いと言われ、ローテーションするとスライドしなくなった。

 

 安心して乗っていると…。あれ?エンジンの温度がドンドン上がっている…。このままではオーバーヒートだ!

 近所のディーラーで見てもらうと、サーモスタットが壊れているとのこと。交換すると温度は上がらなくなった。

 

 安心して乗っていると…。あれ?今度はエンジン音がのも凄い。停車しているのにフルでアクセルを踏んだ時の音がする。

 どうやら、アクセルを踏んだ状態から戻らなくなったようだ。物理的なアクセルは上がっていても、エンジンは戻らないのだ。

 仕方なく大音響を放つ暴走族車両の様な状態で、ディーラーへと直行した。

 

 そして、ディラ―で見てもらうと…。

 

 店員「異常はありませんよ」

 私「そんな馬鹿な・・」(さっきまでの状態を説明した)

 店員「でも、今はほら!」

 

 確かに、エンジン音は普通である。

 

 「どこか、引っかかってるとかないですか?」

 「いや!ないです」

 

 結局、原因は分からずじまい。しかし、また、いつ、エンジンが暴走するか分からない状態だ。そんな時、近所のお店で見たのが、今、乗っている初代マツダ・ロードスターである。

 私はクレスタを売ってロードスターに乗り換えた。

 

 その車に今も乗っているという訳だ。最初はフェアレディーZのつもりが、いつの間にか、ロードスターとなり、そして「こんなに楽しい車は無い」と思う様になった。

 

 初めてマニュアル車に乗ったことと、ゴーカートの様な運転感覚が心地よいのだ。

 

 今、思うと…。あの時の植竹さんの言葉が無かったら、私は車を買わなかったかもしれない。そうなると、植竹さんはロードスターの仲人である。

 

 ところで、あの作家はZを売ったのだろうか?今も持っていれば、大変なお宝なのだが…。

 

 

 

車の話題はまったく出てこない、青春エッセイ!好評発売中です!

          ↓

宣伝。ネット書籍「嗚呼!青春の大根梁山泊東海大学・僕と落研の物語~」上・中・下

「嗚呼!青春の大根梁山泊~放送業界編~」も出ました!こちらの文章は、今後も継続して新原稿がアップされる予定です。

 

直木賞には程遠い、青春エッセイを皆様に…

安いです。上→200円。中→300円。下→300円。

「放送業界編」800円(高そうに見えますが、上中下に分けていないので、枚数と値段は同等です)

「青春落語バカの楽しいエピソード」有名劇団の主催者や脚本家、演出家絶賛!

脚本家の穴吹一朗君も稲葉一広さん、神奈川の高校の副校長・木馬君も喜んでくれたエッセイ!

      ↓ 

 https://note.com/bakodayo1874basu