放送業界のお話と落研と私的な思い出(瞳尻・黒舟)

放送関係。業界のエピソードと近所の出来事

JFNと795。私の中では繋がっていた!

 このコラムに数回登場した人物に、放送作家のSさんがいる。私と同年だが、二十代前半からビックな番組を何本もかけもちしていたスーパースターだ。

 

 以前のコラムにもあったように、新人の私をFМ795の朝の番組に紹介してくれた人物である。

 

 この時の朝の番組で「H松E理さん」「S名М」さんと仕事が出来た。その時のディレクターのTさんが、数年後にTFМの大きな番組を紹介してくれたのだ。

 そして、TFМの番組「Мの穴」のディレクターKさんが、春風亭一之輔「サンデーフリッカーズ」(JFN)の初代プロデューサーである(過去のブログにも書きました)。

 

 この業界の仕事は「わらしべ長者」の様に、続いて行くものなのだ。

 

 この起点となった放送作家のSさんは、今、FМ795の人気番組「GS」を担当する制作会社で社長を務めている。

 この番組は、落語家さんがパーソナリティ。真打昇進時の春風亭一之輔さんがゲスト出演している。

 

 私にとっては、局の垣根を越えての繋がりが嬉しい。

 

 今週「サンデーフリッカーズ」のゲストに来る、二代目・アシスタント・番井奈歩(ばんい なほ)さんは、ユーチューブで番組を始めるという……。

 

 一緒に出るのは横田かおりさん。何と!「GS」の元アシスタントである。ほらほら、私的には「また繋がった!」。

 

 無理やり繋がるシリーズ!次は、誰が繋げてくれるのだろうか?AD滝沢か?D加藤か?元Dの吉岡はどうした?はたまた「サンフリ」は、わらしべ長者の終点なのか?

 

 終点ということは路線だ。しかし、まだまだ「廃線」にはならない。社長さんに貰ったコーヒーメーカーが壊れても続ける予定だ。

 

 全国の「サンフリ鉄道ヲタク」の皆さん。今後も宜しく!

 

 何だ!このコラム!?行き当たりばったりで、連想ゲーム様に変化している。おわり!

 

 

 

何の繋がりもないが、リスナーなら、これを読まねば!

        ↓

宣伝。ネット書籍「嗚呼!青春の大根梁山泊東海大学・僕と落研の物語~」上・中・下

直木賞には程遠い、青春エッセイを皆様に…

安いです。上→200円。中→300円。下→300円。

「青春落語バカの楽しいエピソード」有名劇団の主催者や脚本家、演出家絶賛!

      ↓ 

 https://note.com/bakodayo1874basu