放送業界のお話と落研と私的な思い出(瞳尻・黒舟)

「嗚呼!青春の大根梁山泊~東海大学・僕と落研の物語」スピンオフ・エッセイ。放送関係。業界のエピソードと近所の出来事

「なべおさみチャンネル」面白過ぎる!

 たまたま見た「なべおさみチャンネル」が凄い。大物有名人とのエピソードも凄いが…。ハイジャックの場に遭遇した話がもの凄い。

 パニックになった乗客を一人でまとめて、脱出させ、機動隊を入れるまでの指揮をとったというのだ。その時。「なべさん」は命をかけて戦う人をつのったところ、名乗り出たのは中小企業の社長八人。大企業の重役は、協力どころかお年寄りや子供より先に「逃がしてくれ」と言ったそうだ。

 

 話を聞くと…もはや映画「ダイハード」である。カッコイイ!凄すぎる!乗客を全員逃がして、機動隊を迎え入れた後、マスコミには発表せず影のヒーローとして最後に降りると、迎えのバスさえなく歩いて帰ったという。

 

 かっこよすぎる。手塚治虫の「どろろ」で百鬼丸が村を妖怪から救ったのに「お前は化け物だ!」と追い出されるのと同じだ。全てがカッコイイ!

 

 なべさんは、若い頃、ハナ肇さんの付き人をやっていた人だ。この男気と行動力があれば、相当優秀な付き人だったに違いない。

 

 「安田ー!」でお馴染み、なべさんのの映画監督コントを、また、見たくなった。