放送業界のお話と落研と私的な思い出(瞳尻・黒舟)

放送関係。業界のエピソードと近所の出来事

春風亭一之輔の得点感覚!

 春風亭一之輔のFМラジオ「サンデーフリッカーズ」(JFN・毎週日曜朝)の今週の放送(4月25日)で驚いたことがある。

 

 リスナーに生電話を繋ぐコーナーで「電話希望」の方に、いきなり電話するのだが、この時のリスナー「KENーT」さんは、奥さんと出かけると店が臨時休業していることが多いという。地方の方だが、浅草に奥さんと旅行した時も、浅草寺の雷門に大きな提灯が無かったという(作り直している最中に当たってしまった)。

 

 メールには、この内容が綴られていたのだが…。

 

 電話を繋いですぐ、一之輔さんは「お住まいはどちらですか?」と聞いたのだ。電話を繋ぐ時、京都のKENーTさんと言っているので、さらに詳しく聞くのは異例である。

 リスナーは「山科です」と答えた。

 

 しかし、この質問がミラクルを起こす。

 

 メールには書いていなかったが、本人の話では「浅草寺になかった、提灯は修復中で、自分の住む街、山科で直していた」と言うのだ。

 当然、スタジオに笑いが起った!

 

 住まいを詳しく聞いたのが見事に伏線となった。

 

 これは、サッカーで言う「得点感覚」と同じだと思う。世界的なストライカーには、何故か足元にボールが跳ね返って来て、押し込むだけで得点王になる者がいる。

 

 一之輔には「笑いの得点感覚」があるのではないだろうか?天性の笑いのストライカーだ。

 

 しかし、この「山科で修復していた」という最も大切なキーワードをメールに書いてこないところが、リスナーの面白いところだ。

 これは、高度なノールックパスだ!(褒め過ぎだ!単なる言葉足らずだ)

 

 それを肌で感じて、走り込む一之輔は、往年のストライカー・イギリスのリネカーだ!いや、マラドーナの神の手だ!

 

 生放送のラジオは、常に状況が変化するワールドカップサッカーだ。伝説のプレーを是非生で堪能して欲しい。

 

 ちなみに、この日の電話のリスナーは昼にラジコで聴いていた様だ!

 

 

京都・山科のリスナーにも、是非読んで欲しい。青春ドキュメント!

        ↓

宣伝。ネット書籍「嗚呼!青春の大根梁山泊東海大学・僕と落研の物語~」上・中・下

直木賞には程遠い、青春エッセイを皆様に…

安いです。上→200円。中→300円。下→300円。

「青春落語バカの楽しいエピソード」有名劇団の主催者や脚本家、演出家絶賛!

脚本家の穴吹一朗君も稲葉一広さん、神奈川の高校の副校長・木馬君も喜んでくれたエッセイ!

      ↓ 

 https://note.com/bakodayo1874basu