放送業界のお話と落研と私的な思い出(瞳尻・黒舟)

放送関係。業界のエピソードと近所の出来事

もう一つ、新聞記者のY田君の思い出…。

 しばらく前に、中学の同級生・野球部のY田君の話を書いた。Y田君は高校野球大学野球(青学)と進み、監督と喧嘩して退部した男だ。

 現在、某新聞社の記者として活躍している。

 

 以前も書いたのだが、このY田君と静岡県の磐田球場で行われた、夏の甲子園予選1回戦・磐田南VS東海第一の試合を観た(第一シードの東海が7回ランニングホームランでコールド勝ち)。

 この時、東海第一高校の応援には、現・春風亭昇太師匠も来ていた(当時・東海第一の生徒)。

 我々は、すでに同じ空間を共有していたのだ。

 

 ここまで、以前のブログに記したおさらいだが…(遡ってお読み下さい)。

 Y田君に関して思い出したことがある。

 

 Y田君は、磐田南高校の野球部3年の時。シード校になったそうだ。当時、野球が弱かった磐田市では異例の快進撃である。

 

 数年前、飲みながら高校時代の話をしていたら…。

Y田「たしか、高校時代に東海大工業(私の母校)と練習試合したことあるよ」

私「そうなの!3年の時だと東海4県の優勝校だったから、うちは第1シードだったよ!」

Y田「だから、練習試合申し込んだんだよ!実はうちもシード校だったんだよ」

私「そんなに強かったんだ!(県立の進学校なので意外だった)」

 

 そこで、私は聞いてみた。

私「ファーストの選手が脅してこなかったか?」

Y田「あっ!脅された!「ヒット打つとは生意気だ!」みたいなこと言ってた!」

 

 私の母校のファーストは、ヒットを打った相手に「お前らがヒット打つなんて、100年はえ~んだよ!」等と、心理的に相手をひびらせることで有名だった。

 あのウワサは本当だったのだ。

 

Y田「最初、なんだ!こいつ!と思ったけど…。いい試合で延長まで戦って、俺達が負けてな!そしたら、ファーストが俺に近づいてきて「さっきは、悪かったな!お前らは、良いチームだ!」って言ったんだよ。あれは、勝つための心理戦なんだと思ったよ!」

 

 Y田君は怒っていなかった。それどころか、戦略的に関心すらしていたのだ。

 やはり、良い奴である。

 

 ちなみに、このファーストの選手は、親戚にプロ野球選手が居る野球エリート。野球をやるために、県外から来た特待生だった。

 

 この心理戦は、プロレベルのノウハウなのかも知れない。チョット乱暴さはあるが、野村克也さんの「呟き戦術」と同じ効果を狙っていたようだ。

 

 

 

Y田君は絶対読んでいない、青春馬鹿エッセイ!Y田君には伝えてない!このブログの存在もY田君は、まだ、知りません!

        ↓

宣伝。ネット書籍「嗚呼!青春の大根梁山泊東海大学・僕と落研の物語~」上・中・下

直木賞には程遠い、青春エッセイを皆様に…

安いです。上→200円。中→300円。下→300円。

「青春落語バカの楽しいエピソード」有名劇団の主催者や脚本家、演出家絶賛!

      ↓ 

 https://note.com/bakodayo1874basu