放送業界のお話と落研と私的な思い出

放送関係。業界のエピソードと近所の出来事

三遊亭金馬襲名!でふと思い出す!東海大落研のお噺!

 私が東海大学落研部・四年生の時。昭和58年のことだ。一年生に頭下亭宇音宙(とうかいてい うぉんちゅう)君が入部した。

 九州出身で気の弱い痩せた男だったが、芯は強く、上下関係を大事にする東海らしい男だった(彼は「嗚呼!青春の大根梁山泊東海大学・僕と落研の物語~」完全版!(ネット書籍・noteの中で部室で悲惨な目にあっている)是非、お読みください)。

 

 彼は工学部だったと思うが、ある日、部室で私に言った。

 「うちのクラスに金馬さんの息子がいるんですよ!」

 「えっ! 金馬って、あの、三遊亭金馬師匠?」

 「そうなんです!」

 「お前、その同級生、落研に入れろよ! お父さんに顧問になってもらって合宿に呼ぼうぜ! 文化祭も出てもらおう! 大喜利の司会頼んだりして! 息子と共演ってのもいいんじゃないか! 打ち上げは金馬師匠に奢ってもらおう!」

 

 私は思い付きで適当なことを言っていた。

 

 「絶対、そいつをクラブに入れろ! 名前「子供金馬」とか「七光り金馬」とかつけちゃおうぜ!」

 

 数日後。宇音宙君が言った。

 「先輩! 言いにくいんですが…ダメでした! 金馬師匠の息子は、落研はチョット…」と言って入ってくれませんでした。

 

 私は「クラブに入れろ!」と命令したことも忘れていたが、「それは、そうだろう!」と思っていた。

 

 もし、プロになるのなら素人の変なクセが付くと邪魔になるし、プロにならないとしても「落語」で素人の先輩に何か言われるのは嫌やな筈だ。

 

 この時の金馬師匠の息子さんとは、現在の三遊亭金時師匠ではないかと思う。他の息子さんの可能性もあるが、多分、そうである(違ってたらすいません!)。

 

 金時師匠は、2020年9月下席より、父親の大名跡三遊亭金馬を襲名し、父の金馬師匠は金翁と改名すると発表されている。

 

 あの時。もし、金時師匠が落研に入っていたら、我々OBは襲名パーティーに出席することになったのだろうか? 

 

 私は金時師匠と面識はないが、どこかでお会いしたら、東海大時代のことを聞いてみたいと思っている。

 やはり、学生時代から「噺家になる」と決めていたのだろうか? 

 

 五代目・三遊亭金馬襲名! おめでとうございます! 寄席での襲名披露を観に行こうかと思う私である。

 

宣伝。ネット書籍「嗚呼!青春の大根梁山泊東海大学・僕と落研の物語~」上・中・下

安いです。上→200円。中→300円。下→300円。

      ↓ 

 https://note.com/bakodayo1874basu