放送業界のお話と落研と私的な思い出

放送関係。業界のエピソードと近所の出来事

ラジオに「親バカ青春白書」の脚本家・穴吹一朗さんが登場!

 東海大落研OBの頭下位亭兵枝(27期・とうかいてい ひょうし)、こと、脚本家・穴吹一朗君がラジオにゲストとして登場することになりました。

 

8月30日(日)朝6時から生放送。「サンデーフリッカーズ」(JFN)。放送は民放FМの、青森、秋田、栃木、長野、岐阜(多分…)。オーディーというアプリなら無料で聴けるそうです。

 

 7時5分からのコーナー「一之輔のそこが知りたい」に電話で生出演します。

穴吹君の落研時代に始めた劇団のことや、今、放送中の「親バカ青春日記」(NTV)について、伺います。

 

 そこで、穴吹君のが1年生に入って来た時の思い出を…。

 

 穴吹君は私より7つも下の後輩ですが、1年としてはしっかりと先輩と話せる余裕のある男でした。

 彼は確か、中学時代か小学校時代にアイドルの南野陽子さんと同じ学校だったと言っていたと思います。

 

 野球がとても上手く、外野の大飛球を全力で追いついて補給したり。外野からノーバウンドでランナーを刺したりと、驚く程の身体能力を持っていました。高校では相当な選手だったのでしょう。

 

 そんな兵枝君は、東海大落研では少数派の上方落語をやっていました。1年ながら、流暢な落語を話していた記憶があります。

 

 彼の入った頃。落研は潰れそうなクラブでした。2~3年で廃部とも言われていた時期。

 その逆境を跳ね返すかのように、同期の五十歩(ごじゅっぽ)君と組み、お笑いライブに挑戦したり、テレビの素人番組でも活躍していた様です。

 

 彼は、五十歩君に誘われて、落研と並行して劇団を立ち上げました。雑誌「ぴあ」に劇団員募集の広告を載せたと聞きます。

 その時の劇団には、後輩の芋助(現・古今亭今輔師匠)、二代目・五十歩(現・春風亭柳若)、素人時代のロケット団が在籍していました。

 

 お陰で、クラブは立て直されました。同期の五十歩君はテレビ朝日の深夜番組の学生落語の大会で優勝。審査員の立川談四楼師匠が褒めてくれたのを憶えています。

 

 兵枝君は、卒業しても劇団を続けました。一時期は就職しながら芝居をしていた筈です…。

 

 そんな、ある日。オリジナルの芝居が「神様ヘルプ!」として映画化されます。

 彼は何か運を持っているのでしょう。たまたま芝居を観た監督の目に止まり映画化されたと聞きます。この映画には、今を時めく賀来賢人さんも出演しています。

 

 それ以来、脚本家としての活躍は目を見張るものがあります。

 

 大河ドラマ軍師官兵衛」では脚本協力で参加。このドラマには先輩の春風亭昇太師匠が足軽役で大河初出演をしていました。偶然とはいえ縁を感じた瞬間です。

 

 現在、放送中の「親バカ青春白書」(NTV)日曜夜10時30分。皆さん、是非ご覧ください。

 

 今日はコラムではなく、全面的に宣伝です。

 

宣伝。ネット書籍「嗚呼!青春の大根梁山泊東海大学・僕と落研の物語~」上・中・下

安いです。上→200円。中→300円。下→300円。

      ↓ 

 https://note.com/bakodayo1874basu